トイレの臭いのもとはアンモニア

トイレの壁

家族に男性が多い場合、もし、立って用を足されている場合には、汚れは思っているより広範囲に広がっているそうです。

壁にも汚れは付着しており、あのトイレ特有の嫌な臭いのもとになってしまう場合が多いそうです。

ですので、週に一回は壁もお掃除することが大切です。
でも、すべての場所を拭く必要はないそうで、汚れが特に付きやすそうな場所だけ念入りにお掃除します。
お掃除用シートには、除菌効果があり、香りが付いているものも多いために、お掃除するだけも、嫌なにおいが減り、良い香りがするようになっていきます。

便器の両脇に汚れが付いていることが多いため、腰の高さあたりまで、両脇をふき取ると良いようです。

少し、手間はかかりますが、頑張って拭きましょう。

トイレの床

トイレの床は、一見あまり汚れているようには見えないのですが、実際にはトイレブラシと同じくらい雑菌が多いのだそうです。

トイレットペーパーから飛び出るホコリと尿などが相まって雑菌が増えて、あの嫌な臭いのもととなっています。

床の掃除の仕方ですが、まず消毒用エタノールを吹きかけながら、しっかりと拭いて掃除します。
特に、床と便器の間は汚れが溜まりやすい部分であるために、念入りに拭いてください。

以上のことを続けて行っていれば、嫌な臭いも消えて、清潔で綺麗なトイレを保つことが出来ます。

トイレ掃除が面倒な方も多いと思いますが、トイレがきれいだと、家族の気持ちも良くなり、子供の影響にも良いものがあるそうです。
ぜひ頑張ってみてください。


B!